初診日要件

初診日とは
障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師または歯科医師(以下医師等といいます)の診療を受けた日をいいます。

障害年金を受給するには初診日に

  • 国民年金または厚生年金に加入している
  • 20歳未満
  • 60歳以上65歳未満(国内に住んでいる方のみ)の年金未加入期間
    *老齢基礎年金を繰り上げて受給している方を除く

のいずれかに該当している必要があります。

初診日と加入年金制度

障害年金の請求では、「初診日」に年金に加入していたか、どの年金制度に加入中であったかがポイントです。年金の種類により、受給できる障害年金の種類も変わってくるからです。

初診日が厚生年金加入中であれば、障害認定日に障害等級表の1級、2級、3級(障害手当金の場合は、障害手当金に相当する障害状態)に該当することで障害年金を受給できる可能性があります。
それに対し、国民年金加入中であった場合、障害等級表の1級、2級に該当しないと障害年金を受給できません。
申請にあたって十分な注意が必要となります。

このページの先頭へ